秋友 和典 教授,吉川 裕 准教授,根田 昌典 助教

URL: <http://www-ocea.kugi.kyoto-u.ac.jp/top.html>
TOP ACTIVITY MEMBER LIST MORE INFO MEMBERS ONLY

更新情報

2016/12/01: 12/07の水圏地球物理学ゼミナールの情報を掲載しました。
2016/11/25: 11/30の水圏地球物理学ゼミナールの情報を掲載しました。
2016/11/11: 11/16の水圏地球物理学ゼミナールの情報を掲載しました。
2016/11/04: 10/28に行われた琵琶湖の観測塔見学の様子を掲載しました。
2016/11/04: 11/09の水圏地球物理学ゼミナールの情報を掲載しました。

地球表面の7割を占める海洋.その海洋は大気の1000倍もの熱容量を持ち,地球気候を 決定づける重要な役割を果たしています.新たな観測技術の登場や数値モデルの高精度 化により,観測され,再現される海洋現象が飛躍的に増加していますが,依然として, 物理機構そのものが未解明な現象が多く,そのことが我々の気候システムの理解の妨げ となっています.

海洋物理学研究室では,地球気候の形成と変動に対する海洋の役割を明かにすることを 目指し,数値モデリング・観測・理論を駆使して, 海洋現象の物理機構を解明することに取り組んでいます.対象は,数 10m規模の乱流から大洋規模の循環まで,大気海洋相互作用から深層流まで,海洋に生起 する物理現象全てです.これらの現象は互いに関係し(強非線形),一見すると複雑な 場合が多いですが,複雑に絡まった糸をときほぐし,現象の仕組み(物理機構)が明ら かとなった(と思えた)とき,研究の醍醐味が味わえる・・・.この考えが研究室の基 盤です.


このホームページでは,研究室の紹介を掲載しています.海洋物理に興味のあるかたは, ぜひご覧ください.