TOP ACTIVITY MEMBER LIST MORE INFO MEMBERS ONLY

過去のセミナー

水圏地球物理学セミナー

2016年度後期

日時話者内容
2月 1日 牛島 悠介 修論発表予行:熱フラックスの日周変動が海面加熱期の海洋混合層に与える影響に関する研究
梅垣 優 修論発表予行:北インド洋の塩分変動が低緯度インド洋の塩分構造に対して与える影響に関する研究
滝口 裕子 修論発表予行:西赤道太平洋暖水プール領域の海流変動が ENSO イベントに与える影響についての研究
藤原 泰 修論発表予行:水面波の直接数値計算を用いたLangmuir循環の力学に関する研究
1月 25日 伊藤 母子 卒論報告:粒子追跡法を用いたNPTW(北太平洋回帰線水)の移流経路に関する研究
小田 悠介 卒論報告:大洋規模深層循環に与える中規模渦の影響評価
花房 秀哉 卒論報告:外洋における現場観測に基づいた風応力に対する波の影響に関する研究
1月 12日 藤原 泰 修論最終報告:水面波の直接数値計算による海洋表層での波流れ相互作用の研究
滝口 裕子 修論最終報告:西赤道太平洋暖水プール領域の海流変動が ENSO イベントの発生・発達に与える影響についての研究
1月 11日 梅垣 優 修論最終報告:北インド洋の塩分変動が低緯度インド洋の塩分構造に対して与える影響に関する研究 牛島 悠介 修論最終報告:熱フラックスの日周変動が海面加熱期の海洋混合層に与える影響に関する研究
12月 28日 花房 秀哉 卒論中間報告:外洋における現場観測に基づいた風応力に対する波の影響に関する研究
12月 21日 小田 悠介 卒論中間報告:大洋規模の深層循環に中規模渦が与える影響の評価に向けて
仁科 慧 研究中間報告:三陸沿岸における内部潮汐に関する研究
12月 14日 伊藤 母子 卒論中間報告:粒子追跡法を用いたNPTW(北太平洋回帰線水)の移流経路に関する研究
田中 裕介 論文紹介:Interannual Variation of Annual Subduction Rate in the North Pacific Estimated from a Gridded Argo Product (Toyama et al. 2015)
12月 7日 萬年 隆裕 研究中間報告:海洋混合層における粒子の平均沈降速度に関する数値実験
11月 30日 高橋 武志 研究中間報告:状態方程式の非線形性が全球規模の循環に与える影響について
11月 16日 藤原 泰 論文レビュー: Langmuir循環を背景とする波・流れ相互作用の理論に関する論文レビュー
11月 9日 滝口 裕子 論文レビュー: 西太平洋暖水プール内部の年々変動と ENSO サイクルに関する論文レビュー
11月 2日 梅垣 優 論文レビュー: インド洋における塩分構造、及びその変動要因に関する論文レビュー
10月 26日 牛島 悠介 論文レビュー: 混合層深度の決定要因と日変化が混合層深度に与える影響に関する論文レビュー
10月 19日 根田 昌典 論文紹介:Response time of mean square slope to wind forcing: An empirical investigation (Chen et al. 2016)
10月 12日 吉川 裕 研究報告:海洋表層境界層における流動・乱流構造の観測とその変動要因の考察(白浜での観測報告その2)
10月 5日 秋友 和典 論文紹介:Long-term variability of the Kuroshio path south of Japan (Usui et al. 2013)

2016年度前期

日時話者内容
7月 20日 花房 秀哉 論文紹介:Turbulence structure in the upper ocean: a comparative study of observations and modeling (Paskyabi and Fer 2014)
石川 洋一 研究紹介:沿岸域のデータ同化システム構築に向けて
7月 13日 伊藤 母子 論文紹介:Long‐term variations of North Pacific Tropical Water along the 137°E repeat hydrographic section . (Nakano et al. 2015)
小田 悠介 論文紹介:Comparison of Thermally Driven Circulations from a Depth-Coordinate Model and an Isopycnal-Layer Model. Part I: Scaling-Law Sensitivity to Vertical Diffusivity. (Park and Bryan 2000)
7月 6日 高橋 武志 論文紹介:The nonlinear equation of state of sea water and the global water mass distribution. (Nycander et al. 2015)
6月 29日 萬年 隆裕 論文紹介:Eddy-Wind Interaction in the California Current System: Dynamics and Impacts (Seo et al. 2016)
6月 22日 滝口 裕子 論文紹介:The Indonesian seas and their role in the coupled ocean-climate system (Sprintall et al. 2014)
6月 15日 藤原 泰 研究中間報告:深水波の直接数値計算によるCoriolis-Stokes力の評価およびその周辺
6月 8日 牛島 悠介 論文紹介:Influence of the Coriolis force on the formation of a seasonal thermocline (Goh and Noh, 2013)
6月 1日 梅垣 優 論文紹介:Seasonal and interannual variation in the cross-equatorial meridional currents observed in the eastern Indian Ocean (Horii et al. 2013)
5月 25日 平野 真弘 論文紹介: Dependence of seafloor boundary layer thickness on the overlying flow direction: a large eddy simulation study (Wakata 2011), Some properties of tidal currents estimated from analytical and LES simulation studies (Wakata 2013)
5月 18日 田中 裕介 研究中間報告: サブメソスケール現象が海洋上層の循環に与える影響
5月 11日 根田 昌典 論文紹介: Pacific western boundary currents and their roles in climate (Hu et al. 2015)
4月 27日 吉川 裕 論文紹介: Impact of downward heat penetration below the shallow seasonal thermocline on the sea surface temperature (Hosoda et al. 2015)
4月 20日 秋友 和典 研究報告:南極周極流の渦特性と流量に対する海底地形の影響
4月 13日 全員 年間研究計画

2015年度後期

日時話者内容
2月 5日 久保 陽 卒論報告:バイカル湖の鉛直混合に対する河川水の寄与について
萬年 隆裕 卒論報告:海洋混合層が様々な粒子の平均沈降速度に与える影響 〜ラングミュア循環の影響も含めて〜
高橋 武志 卒論報告:海洋の地球規模循環に及ぼす状態方程式の影響について
2月 3日 仁科 慧 論文レビュー:大陸棚縁辺における海底境界流、内部潮汐の数値モデル研究
柴田 篤吉 修論発表予行:現場観測に基づく風波の発達過程に対するうねりの影響に関する研究
田嶋 良太 修論発表予行:極海域に見られる拡散型対流の特性について -非線形状態方程式の影響-
佐原 賢紀 修論発表予行:対馬海峡・宗谷海峡における表層流速変動から見た対馬暖流の変動特性と その機構に関する研究
1月 27日 平野 真弘 論文紹介:Variability of turbulent quantities in the tidal bottom boundary layer: Case study in the eastern English Channel (Korotenko et al. 2013)
田中 裕介 論文紹介:Mesoscale eddy effects on the subduction of North Pacific mode waters (Xu et al. 2014)
1月 13日 佐原 賢紀 修論直前報告:対馬・宗谷海峡における表層流速変動から見た対馬暖流の変動特性と変動 機構に関する研究
1月 6日 田嶋 良太 修論直前報告:状態方程式の非線形性が拡散型対流に与える影響について
柴田 篤吉 現場観測に基づく外洋での風波の発達に対するうねりの影響に関する研究
12月 16日 高橋 武志 卒論中間報告:状態方程式の非線形性が全球熱塩循環に与える影響について
12月 9日 久保 陽 卒論中間報告:バイカル湖の鉛直混合に対する河川水の寄与について
萬年 隆裕 海洋混合層中での粒子の運動特性ーラングミュア循環が沈降速度に与える影響に着目してー
12月 2日 梅垣 優 研究中間報告:北インド洋の塩分構造がインド洋低緯度域のバリアレイヤーの季節・年々変動に与える影響について
牛島 悠介 論文レビュー:熱フラックスの日周変動が大気海洋の境界層に与える影響に関する論文レビュー
11月 25日 藤原 泰 研究中間報告:自由表面深水波シミュレーションに向けて
滝口 裕子 研究中間報告:暖水プールの内部構造が ENSO サイクルの非周期性に与える影響について (ESTOC 再解析データを用いた El Nino / La Nina の検証)
11月 18日 佐原 賢紀 論文レビュー:対馬暖流の変動特性とその駆動要因
11月 11日 柴田 篤吉 論文レビュー:波浪スペクトルに関する論文レビュー
11月 4日 田島 良太 論文レビュー:状態方程式の非線形性が拡散型対流に与える影響について
10月 21日 吉川 裕 研究報告:海洋表層境界層における流動・乱流構造の観測とその変動要因の考察(白浜での観測報告)
10月 14日 根田 昌典 論文紹介:Playing hide and seek with El Nino (McPhaden 2015)
10月 7日 秋友 和典 論文紹介:Recent trends in the Southern Ocean eddy field (Hogg et al. 2015)

2015年度前期

日時話者内容
7月 22日 石川 洋一 研究報告:北西太平洋高分解能海洋再解析(FORA-WNP30)
羽角 博康 研究報告:北極海循環のモデリング研究 ー大西洋水を中心としてー
7月 15日 牛島 悠介 研究中間報告:短波放射の日周変動が大気海洋結合系における海洋混合層に与える影響について
7月 8日 佐原 賢紀 研究中間報告:宗谷海峡と対馬海峡における流速変動の相関性について
7月 1日 萬年 隆裕 論文紹介:Large eddy simulation of particle settling in the ocean mixed layer (Noh et al. 2006)
牛島 悠介 論文紹介:Diurnal Wind Cycles Forcing Inertial Oscillations: A Latitude-Dependent Resonance Phenomenon (Shibuya et al. 2014)
6月 24日 高橋 武志 論文紹介:A Note on the Influence of Spatially Varying Diffusivities on the Evolution of Buoyancy with a Nolinear Equation of State (Hieronymus 2014)
久保 陽 論文紹介: Drivers of deep-water renewal events observed over 13 years in the South Basin of Lake Baikal (Tsimitri et al. 2015)
6月 17日 藤原 泰 論文紹介:Langmuir Turbulence in Swell (McWilliams et al. 2014)
滝口 裕子 論文紹介:A closer look at the central Pacific El Nino and warm pool migration events from 1982 to 2011 (Kidwell et al. 2014)
6月 10日 梅垣 優 論文紹介:Variability of zonal currents in the eastern equatorial Indian Ocean on seasonal to interannual time scales (Nyadjro and McPhaden 2014)
6月 3日 柴田 篤吉 論文紹介:Development of a bimodal structure in ocean wave spectra (Toffoli et al. 2010)
田嶋 良太 論文紹介:Dynamic and Double-Diffusive Instabilities in a Weak Pycnocline. Part II: Direct Numerical Simulations and Flux Laws (Flanagan et al. 2014)
5月 27日 平野 真弘 論文紹介:Effect of a Capping Inversion of the Stability of an Ekman Boundary Layer. (Hibino et al. 2012)
佐原 賢紀 論文紹介:"Branching of the Tsushima Current in the Japan Sea Part I", "Part II", and "Coastal Trapped Waves in a Two-layer Ocean" (Kawabe 1982a,b and c)
5月 20日 田中 裕介 研究中間報告:サブメソスケール現象が海洋上層の循環に与える影響
山本 紀幸 論文紹介:Configuration of a Southen Ocean Storm Track. (Bischoff and Thompson 2014)
5月 13日 秋友 和典 論文紹介: Comparing Idealized and Complex Topographies in Quasigeostrophic Simulations of an Antarctic Circumpolar Current. (Nadeau et al. 2013)
4月 22日 根田 昌典 論文紹介: Annual cycle and depth penetration of wind-generated near-inertial internal waves at Ocean Station Papa in the northeast Pacific. (Alford et al. 2012)
4月 15日 吉川 裕 論文紹介: Enhanced Turbulence and Energy Dissipation at Ocean Fronts (D'Asaro et al. 2011)
4月 8日 全員 年間研究計画

2014年度後期

日時話者内容
2月 9日 井上 翔太 卒業研究報告:安定成層時の混合層深度のスケーリングについて
牛島 悠介 卒業研究報告:短波放射の日周変動が大気海洋結合系における海洋混合層に与える影響について
梅垣 優 卒業研究報告:再解析プロダクトESTOCを用いたインド洋のバリアレイヤーの分布特性に関する研究 -水温逆転に着目した解析-
1月 28日 平野 真弘 修論発表予行:海面加熱下の沿岸海域における潮流海底境界層の乱流特性に関する研究
高尾 知江 修論発表予行:状態方程式の非線形性が全球の熱塩循環の強度に与える影響について
1月 14日 根田 昌典 論文紹介:About the role of Westerly Wind Events in the possible development of an El Nino in 2014 (Menkes et al. 2014)
1月 7日 平野 真弘 修論報告:海面加熱下の沿岸海域における潮流海底境界層の乱流特性に関する研究
12月 17日 高尾 知江 修論報告:状態方程式の非線形性が全球の熱塩循環の強度に与える影響について
12月 10日 梅垣 優 卒業研究中間報告:北インド洋の塩分構造がインド洋低緯度域のバリアレイヤーの季節・年々変動に対して与える影響について
12月 3日 牛島 悠介 卒業研究中間報告:大気海洋相互作用の海洋混合層への影響について
11月 19日 井上 翔太 卒業研究中間報告:混合層下の密度成層を考慮した混合層深度のスケーリングについて
11月 12日 平野 真弘 修論中間報告:海面加熱下の沿岸海域における潮流海底境界層の乱流特性について
11月 12日 田中 裕介 論文レビュー:混合層不安定についてのレビュー
11月 5日 佐原 賢紀 研究報告:対馬暖流の変動特性とその要因について
10月 29日 田嶋 良太 研究報告:状態方程式の非線形性が拡散型対流に与える影響について
10月 22日 柴田 篤吉 研究報告:波浪が乱流フラックスに与える影響評価ー2014白鳳丸の観測データを用いてー
10月 15日 山本 紀幸 研究報告:海底地形が南極周極流の流量に与える影響について
10月 8日 高尾 知江 修論中間報告:状態方程式の非線形性が全球の熱塩循環の強度に与える影響に関して
10月 1日 吉川 裕 研究報告:海洋前線域での潜り込み過程に及ぼす大気強制力の影響

2014年度前期

日時話者内容
7月 9日 井上 翔太 論文紹介:Mixed layer depth over the global ocean: An examination of profile data and a profile-based climatology (deBoyerMonte'gut et al. 2004)
7月 2日 牛島 悠介 論文紹介:Reduction of near-inertial energy through the dependence of wind stress on the ocean-surface velocity (Rath et al. 2013)
6月 25日 梅垣 優 論文紹介:Subseasonal variations in salinity and barrier-layer thickness in the eatsern equatorial Indian Ocean (Drushka et al. 2014)
6月 11日 佐原 賢紀 論文紹介:The Tsushima Warm Current through Tsushima Straits Estimated from Ferryboat ADCP Data (Takikawa et al. 2005)
6月 4日 田嶋 良太 論文紹介:Multi-layered diffusive convection. Part 2. Dynamics of layer evolution (Noguchi and Niino 2010)
5月28日 柴田 篤吉 論文紹介:Wind stress in the presence of swell under moderate to strong wind conditions (Garcia-Nava et al. 2009)
5月14日 平野 真弘 論文紹介:Biophysical Interactions Control the Size and Abundance of Large Phytoplankton Chains at the Ushant Tidal Front (Landerira et al. 2014)
5月7日 高尾 知江 論文紹介:Thermobaric control of gravitational potential energy generation by diapycnal mixing in the deep ocean (Oliver and Tailleux, 2013)
4月30日 山本 紀幸 論文紹介:On the Relationship between Southern Ocean Overturning and ACC  Transport (Morrison and Hogg 2013)
4月23日 根田 昌典 論文紹介:Air-sea interaction from westerly wind bursts during the November 2011 MJO in the Indian Ocean (Moum et al. 2014)
4月16日 吉川 裕 論文紹介:A global perspective on Langmuir turbulence in the ocean surface boundary layer (Belcher et al. 2012)
4月9日 年次計画

特別セミナー

日時:2016年10月24日 15時
場所:理学部1号館5階563号室



Speaker: Sung Yong Kim (Korea Advanced Institute of Science and Technology)
Title: Various aspects of coastal dynamics embedded in the observations of high-frequency radar-derived surface currents

日時:2016年4月11日 15時
場所:理学部1号館5階563号室



Speaker: Craig M. Lee (University of Washington, US)
Title: Autonomous Investigations of Marginal Ice Zone Processes

日時:2015年4月30日 15時
場所:理学部1号館5階563号室



Speaker: Andrey Proshutinsky (WHOI, US)
Title: Decadal scale signals in the Arctic's atmospheric and oceanic systems

日時:2014年11月6日 15時
場所:理学部1号館5階563号室



Speaker: Patrice Klein (Ifremer, France)
Title: A new vision of the ocean dynamics involving submesoscales
Speaker: Hideharu Sasaki (Jamstec, Japan)
Title: Impact of oceanic scale-interactions on the seasonal modulation of ocean dynamics by the atmosphere